中国「テロの兆候」と非難

共同通信

 【北京共同】中国国営中央テレビによると、香港で続いている「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動について、中国政府は12日に記者会見を開き「過激なデモ参加者が警官を攻撃した。重大な犯罪であり、テロリズムの兆候が出始めている」と非難した。

 中国政府で香港政策を担当する香港マカオ事務弁公室の報道官が会見し「暴力犯罪は情け容赦なく打ち負かさなければならない」と述べた。香港の状況は「重要なヤマ場を迎えた」と指摘し「秩序の回復が最も差し迫った任務だ」とも強調した。

PR

PR

注目のテーマ