輸出管理「日本の打撃小さい」

共同通信

 【ソウル共同】韓国政府が安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る国のグループから日本を除外することについて、韓国メディアは「日本が受ける打撃は小さい」との見方を示している。

 13日付の韓国紙、京郷新聞は、対象となる戦略物資を日本に輸出している主要な韓国企業は100社未満とみられると報道。品目別で韓国からの輸出量が多いのは石油製品や鉄鋼で、日本はいずれも別の供給先を見つけることが容易だと指摘した。

 韓国の毎日経済新聞も「実効性より象徴性」を重視した措置だと報道した。

PR

PR

注目のテーマ