「逃走中」の極意披露

共同通信

 フジテレビ系のバラエティー番組「逃走中」の15周年記念プロジェクト発表イベントが東京・台場の同局で開かれ、出演回数最多の19回を誇るお笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志が、逃走成功のための極意を披露した。

 賞金獲得を目指す芸能人たちと「ハンター」の攻防が人気のシリーズで、2004年から不定期で放送。今秋放送予定の最新回に向けて、初めて逃走者を一般公募することが発表された。

 かつて逃走に成功し、賞金獲得の経験がある田中は“ミスター逃走中”を自称。「簡単だと思ったら大間違いで、ハンターはマジで速い。(参加すれば)俺たちのすごさを分かってもらえると思う」と出場を呼び掛けた。

 さらに「広いエリアにいて、早めにハンターを見つけるのが大事。隠れる場所があるような逃げ道を常に考えておくのが、19回で生み出したテクニック」と力説。得意顔で語っていたが、突然2人のハンターが現れると、抵抗する間もなく捕まり、そのまま退場させられた。

 イベントには、女優の足立梨花も出席。番組15周年を記念したスマートフォン用ゲームアプリのリリースや、ノベライズ本の発売も発表された。

PR

PR

注目のテーマ