NHKと民放の2元体制維持

共同通信

 政府は15日、NHKの経営の在り方に絡み、今後も公共放送と民放の2元体制を維持するとの答弁書を閣議決定した。立憲民主党の中谷一馬衆院議員が、参院選で「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得したことを受け、質問していた。

 答弁書は、NHKが今後も日本全国で受信でき「公共放送としての社会的使命を果たしていくこと」が適当と指摘。「スクランブル放送」については否定的な見解を示した。

 またN国の立花孝志党首が受信料不払いを明言していることについて、受信料の公平負担の観点から「協会(NHK)が適切に対応」するべきだとした。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ