会派合流構想は平行線

共同通信

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は15日、立民が示した衆院会派合流構想を巡り国会内で会談した。玉木氏は参院を含めた対等な立場での統一会派結成を逆提案。枝野氏は納得せず、協議は平行線となった。国民は改めて党内で対応を検討する。

 会談で玉木氏は「衆参両院で統一会派を結成し、政策についても協議したい」と要請した。枝野氏が会派合流の条件として求めた原発ゼロ法案への賛同などに関し、明確な回答は避けた。枝野氏は「提案への答えになっていない」と不満を表明し、再回答を求めた。

PR

PR

注目のテーマ