韓国、海洋放出計画の有無確認を

共同通信


                  韓国外務省に入る日本大使館の西永知史公使(手前)=19日、ソウル(共同)
                拡大

韓国外務省に入る日本大使館の西永知史公使(手前)=19日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国外務省の権世重・気候環境科学外交局長は19日、日本大使館の西永知史公使を呼び、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水について、海洋放出の計画の有無など事実関係の確認を求めた。韓国外務省が発表した。

 権氏は「汚染水処理の結果が両国民の健康や安全、さらには海でつながる全ての国に与える影響について重く認識している」と強調。日本政府が海洋放出を計画していると国際環境団体が主張しているとし、事実確認や今後の処理計画などについて公式回答を求めた。

PR

PR

注目のテーマ