「焼肉鶏酒場トリホルテルヤ代々木店」【8(ヤキ)月29(ニク)の日】オープン ~ヘルシーな宮崎「地頭鶏」を特性の味噌ダレに絡め、「焼肉スタイル」で提供する大衆酒場~

PR TIMES サンテル株式会社

「石坂村の地頭鶏」、「宮崎ひでじビール」、「銀滴を使ったギンシャリサワー」等、宮崎県産、こだわり商品を東京都内で提供!
「宮崎から感動を演出する。(From Miyazaki to the World)」というビジョンを掲げるサンテル株式会社(所在地:宮崎県宮崎市、代表者 山本貞輝)は、「地頭鶏」や「宮崎県産鶏」を焼肉スタイルで提供する大衆酒場「トリホルテルヤ代々木店」を2019年8月29日(木)17時に二号店目として、東京都渋谷区にオープンします。(一号店は宮崎県宮崎市。)山本の出身地である三重県では、鶏肉を甘辛味噌で味付けし、七輪で焼いて食べる文化が根付いており、現在でも多くの方が日常的に食されています。「トリホルテルヤ」は三重県のソウルフードである焼肉鶏を、宮崎県産の地鶏で提供する、新しいコンセプトをもった飲食業態です。
美味しい焼肉をお腹いっぱい、健康的に食べたい・・・そのような想いに「トリホルテルヤ」がお応えします!

■「石坂村の地頭鶏」
新鮮な鶏肉を「みやざき地頭鶏石坂村地鶏牧場」から直接仕入れています。科学飼料を一切使わず、自家配合した飼料で育てている「地頭鶏」です。地鶏以外にも、宮崎県産を中心として「テール」「きんかん」等、希少部位を含めた若鳥を取り扱っております。「カルビ」「ロース」「ハラミ」など焼肉店で馴染みのある部位も含めて提供しています。



■「宮崎ひでじビール」
宮崎県産「ひでじビール」は、イギリスで開催されたワールド・ビア・アワード2017にて、スタイル別・カテゴリー別で世界一位に受賞されているクラフトビールです。宮崎県の産品を使った商品開発にこだわり、生み出され、世界に高く評価されたビールです。



■「銀滴を使ったギンシャリサワー」
明治28年に創業した酒蔵王手門は、焼酎醸造を行う老舗の蔵元です。その代表銘柄「銀滴」を使ったシャーベット状のサワーを提供しています。蔵に脈々と受け継がれてきた伝統ある焼酎をもとに、若年層のお客様や女性も含めて、多くの方にお楽しみ頂けるよう「日向夏サワー」、「マンゴーサワー」、「スコールサワー」、「健康青汁サワー」等、他店で味わえない、バリエーションに富んだ商品がございます。

【店舗概要】
・店舗名:「トリホルテルヤ代々木店」
・オープン日:2019年8月29日(木)17時
・住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目22番地3号 仰徳ビル1階
・電話番号:03-6274-8040
・座席数:56席
・面積:約20坪
・営業時間:平日17時~24時、土日祝16時~24時

【「トリホルテルヤ」のコンセプト】

■地鶏の新しい食べ方を提案
宮崎名物の「地頭鶏」と言えば、炭火焼きをイメージされる方が少なくございませんが、「トリホルテルヤ」では自家製の味噌ダレに漬け込んだものを、お客様ご自身で焼いてお召し上がり頂く新しいスタイルを提案しています。

■和風でありながら御洒落な空間
会社帰りの飲み会や接待としてのご利用だけでなく、家族連れ、恋人とのお食事にもご利用頂ける洗練された空間です。カウンター席を設けているので、気軽にお一人でご来店も頂けますし、掘り炬燵席等、団体のお客様に落ち着いてお食事頂ける空間もございます。

■日常的にご利用頂ける大衆酒場
客単価3000円と、焼肉店と比較してお手頃価格で提供しております。コンニャク麺を使用する宮崎県の名物「辛麺」や、焼肉店の人気メニューをよりヘルシーにお楽しみ頂ける「石焼玄米ビビンバ」等、こだわりの〆メニューもお楽しみ頂けます。


【会社概要】
・会社名:サンテル株式会社
・本社:宮崎県宮崎市老松2丁目1番48号 3106BLDG.2F
・設立:平成19年1月24日
・代表者:代表取締役 山本貞輝
・事業内容:飲食事業、不動産事業、運送事業、駐車場管理事業、建設事業、特殊洗浄事業
・主要取引銀行:宮崎銀行、鹿児島銀行
・電話番号:0985-72-3106
・FAX番号:0985-72-3107
・ホームページ:http://santel.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ