新料金の切手、はがき発売

共同通信

 日本郵便は20日、10月の消費税増税を控え、値上げ後の新料金に対応したはがきや普通切手の販売を始めた。現行のものは9月30日で販売を終了するが、その後も追加料金分の切手を貼れば使うことができる。

 10月からの郵便料金は、手紙(25グラム以内の定形郵便物)が現行の82円から84円、通常はがきは62円から63円となる。往復はがきは124円から126円。

 手紙の値上げは2014年4月の消費税増税以来、5年半ぶり。はがきの値上げは17年6月以来、2年4カ月ぶりとなる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ