ドラッグ首位実現に意欲

共同通信


                  経営統合の協議について記者会見し、握手するマツモトキヨシホールディングスの松本清雄社長(左)とココカラファインの塚本厚志社長=22日午後、東京都千代田区
                拡大

経営統合の協議について記者会見し、握手するマツモトキヨシホールディングスの松本清雄社長(左)とココカラファインの塚本厚志社長=22日午後、東京都千代田区

 ドラッグストア大手のココカラファイン(横浜市)の塚本厚志社長とマツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)の松本清雄社長は22日、共同記者会見を開き、協議入りした経営統合の実現に強い意欲を示した。塚本社長は統合相手に選んだマツキヨの商品開発力を評価した。松本社長は「日本一に返り咲きできる。アジア一番のドラッグストアになりたい」と意気込む一方、統合後も店舗名を維持したい考えを示した。

 業界5位のマツキヨはかつては長年首位に君臨していたが、ツルハホールディングスなどに越された経緯がある。業界7位のココカラとの統合が実現すれば売上高は1兆円規模と首位になる。

PR

PR

注目のテーマ