首相、仏G7サミットへ出発

共同通信

 安倍晋三首相は23日、フランス南西部のビアリッツで24~26日の日程で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席のため、政府専用機で羽田空港を出発した。緊張が高まる中東情勢、世界経済の安定に向けた自由貿易の推進、気候変動を含む幅広い国際社会の課題に関して議論する。滞在中、トランプ米大統領との会談に臨む。

 首相は出発前、官邸で記者団に「持続的な世界経済の成長や自由貿易の推進、北朝鮮やイランといった地域情勢についてしっかりと意見交換し、成果を出していきたい」と意欲を示した。

PR

PR

注目のテーマ