米牛肉関税下げ、貿易交渉署名へ

共同通信


                  ライトハイザー米通商代表(右)と握手する茂木経済再生相。中央は安倍首相=25日、フランス南西部ビアリッツ(共同)
                拡大

ライトハイザー米通商代表(右)と握手する茂木経済再生相。中央は安倍首相=25日、フランス南西部ビアリッツ(共同)

 【ビアリッツ共同】日米両政府は25日、フランス南西部ビアリッツでの首脳会談後に開いた共同記者発表で、貿易交渉で大枠合意し、9月末の協定署名を目指す意向を示した。早ければ年内にも発効する。米側は日本に輸出する自国産の牛肉や乳製品など幅広い品目が関税撤廃や削減の対象となると説明した。米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)の水準が上限の見込みだが、合意内容を明らかにしていない点が多く、行方が焦点。国内農家には試練となる。

 米国産トウモロコシについては、民間企業が9月以降、輸入を前倒しし、飼料用約250万トンを追加輸入する見通し。年間輸入量の約3カ月分。

PR

PR

注目のテーマ