イジゲン株式会社と大分トリニータ、 サブスクリプションサービスの共同開発や人材交流を開始

PR TIMES イジゲン株式会社

イジゲン株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役CEO:鶴岡 英明、以下「イジゲン」)は、 大分トリニータを運営する株式会社大分フットボールクラブ (本社:大分県大分市、代表取締役:榎 徹、以下「トリニータ」)とサブスクリプションサービスの共同開発や人材交流を開始したことをお知らせいたします。


共同開発と人材交流の目的と内容

今回の共同開発と人材交流開始により、両社の人材交流を通じた観戦データの分析や活用、ならびにイジゲンの運営するサブスクリプションサービスのプラットフォーム「always」のノウハウを活用したサブスクリプションサービスの共同開発を行います。

1.大分トリニータのITに関する知識、技術レベルの向上を目的とした人材交流
2.大分トリニータを始めとするプロスポーツクラブ向けのサブスクリプションサービスの共同開発
3.プロスポーツクラブの収益力向上を目的としたデータ分析や活用力の向上

上記の取り組みを通じて、両社による新しい価値創造を通じた収益力向上を目指します。
代表者コメント

株式会社大分フットボールクラブ 代表取締役 榎 徹 氏
イジゲン株式会社と大分FCはJ3の頃から協力関係にあり、現在、データ分析や活用に向けて研修派遣を行っています。
大分トリニータは、J1に定着し、これまで以上にわくわくドキドキする試合を届けていきたいと思っています。
また、試合をより楽しんでいただきたい、そして、試合以外でも多くの皆様に楽しんでいただきたいと考え、イジゲン様とサブスプリクションサービスを共同開発していくことといたしました。どんなものを提供できるのか、私自身も楽しみにしています。

イジゲン株式会社 代表取締役CEO 鶴岡 英明 氏
大分トリニータは、私にとって学生時代からのアイデンティティであり、大分県にとっても活力を生み出すパワースポットです。
イジゲンとしてもこれまでJ3時代の「トリニータアンバサダー」やSNS運用等を通じ、トリニータの持続的なファンづくりをサポートしてまいりました。
そのような中で当プロジェクトに関われることをとても嬉しく思いますし、この活動を通じたトリニータのさらなる飛躍が地元大分県の発展につながると確信しております。
サブスクリプションサービスを通じ、新たなファンづくりとそれに伴う継続的な収益モデルを両社で構築してまいります。
株式会社大分フットボールクラブについて

株式会社大分フットボールクラブは大分県大分市をはじめ、大分県をホームタウンとする「大分トリニータ(現在、明治安田生命J1リーグ所属)」の運営をしております。その他にサッカーチームの養成やイベント企画運営などの管理業務、自社のプロサッカークラブに関連した事業を展開しております。

社名  :株式会社大分フットボールクラブ
所在地 :大分県大分市大字横尾1629番地
設立  :1999年1月
資本金 :80,519,000円
代表者 :代表取締役 榎徹
事業内容:サッカーチームの経営、養成、指導ならびに管理業務、イベントの企画運営ならびに管理、スポーツ教室の開催、普及、マネジメント業務
大分トリニータホームページ : https://www.oita-trinita.co.jp/
イジゲン株式会社について

イジゲンは、様々な店舗の定額制サービスの販売・購入ができるサブスクリプションプラットフォーム「always( https://always.fan/ )」の開発・運営を行っています。
「always」は、あらゆる決済ニーズに応えるべく、「サブスクリプション決済のデファクトスタンダードになる」ことをビジョンとし、「あらゆるサブスクリプションサービスを一つにまとめる」ことをミッションとしています。2019年4月にサービスリリースされ、九州地方・関西地方を中心に約4ヶ月で登録店舗が300を超えました。1人でも多くの人にサブスクリプションサービスを利用してもらうことで人々がサブスクリプションを利用した生活を当たり前のものにすることを目指し、サブスクリプションの決済圏を「always」でつくってまいります。

社名  :イジゲン株式会社
所在地 :大分県大分市金池町2-1-10 ウォーカービル大分駅前3F
設立  :2013年11月
資本金 :424,516,000円(資本準備金を含む)
代表者 :代表取締役CEO 鶴岡英明
事業内容:サブスクリプションプラットフォーム「always」の開発・運営
ホームページ:https://ijgn.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ