ローソン、ウーバーと宅配実験

共同通信

 ローソンは27日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズが日本で展開する食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を利用し、弁当や日用品を配達する実証実験を29日から東京都内の店舗で始めると発表した。日本のコンビニが同サービスに参画するのは初めて。

 店内調理したローソンの看板商品「からあげクン」のほか、おにぎりや総菜、菓子など約100品目が対象。国内の同サービスでは取り扱いがないティッシュといった日用品も含まれる。雨天時などに客の宅配ニーズが高まり、店舗の売り上げを補えると見込む。

 ローソンは都内23区の直営4店で開始し、9月末までに13店に順次増やす。

PR

PR

注目のテーマ