組織委、ラグビーW杯成功を祈願

共同通信

 来月から日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の大会組織委員会は27日、山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社で大会の成功を祈願した。大会アンバサダーを務める梶原宏之・山梨学院大ラグビー部監督や同部員らが世界各国の出場チームのユニホームを着て、神職から祈祷を受けた。

 同市は同県富士河口湖町とともにフランス代表の公認キャンプ地となっている。梶原氏は祈祷後、取材に訪れた記者団に「多くの人にラグビーの魅力を知ってもらうのが目的だ。出場チームが一丸になって大会を成功させたい」と抱負を語った。「日本代表には一つでも上に勝ち上がってほしい」とも強調した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ