立民、衆参の会派合流方針了承

共同通信

 立憲民主党は27日夕、両院議員総会を国会内で開き、国民民主党などと合意した衆参両院での会派合流方針を了承した。枝野幸男代表が「経験や能力のある多くの仲間が加わり、戦力アップして戦うのは、次の衆院選で大きな意味を持つ」と理解を求め、執行部へ対応一任を決めた。

 立民執行部は9月中に国民民主や衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」と会派運営協議会を設置し、会派としての意思決定方法などを話し合う段取りを描いている。

 総会では「原発ゼロ基本法案など立民が積み上げてきた理念や政策が玉虫色にならないよう対応してほしい」との意見があった。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ