政府、輸出優遇国から韓国除外

共同通信

 政府は28日午前0時、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外した。半導体材料3品目に続く韓国向け規制強化の第2弾で、安保上の脅威となる電子部品など幅広い品目の輸出管理が厳格化される。日本が指定を取り消すのは韓国が初めて。韓国政府は元徴用工問題に対する事実上の「報復措置」と捉え激しく反発しており、日韓関係の悪化は決定的となりそうだ。

 政府は2004年から韓国を指定してきたが、今月2日に除外する政令改正を閣議決定し28日の施行が決まっていた。

PR

PR

注目のテーマ