水上バスに五輪マスコット、東京

共同通信

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のデザインをラッピングした水上バスが28日、東京都墨田区の船着き場でお披露目され、第1便が隅田川を出発した。

 都によると、大会終了まで1日数便、主に浅草(台東区)とお台場(港区)の間を往復し、世界中のアスリートが集まる祭典の機運醸成を図る。計3隻を運航させ、2体を堤防から水平方向に見るタイプと、橋から見下ろせる2種類のデザインを用意した。

 お披露目式では山本亨墨田区長がボクシング会場となる区内の両国国技館を紹介して「機運醸成に努め、隅田川の魅力も伝えたい」とあいさつした。

PR

PR

注目のテーマ