定額制住み放題サービス「HafH(ハフ)」9月から12の国と地域・108拠点で利用可能に!

PR TIMES 株式会社KabuK Style

2泊3,000円/月から泊まれる「おためしハフ」も、好評につき、継続受付中。
株式会社KabuK Style(共同代表:砂田憲治、大瀬良亮)は、2019年4月のサービス開始時にお伝えしていた「2019年中に100拠点を利用可能に」の目標を予定より4ヶ月前倒しで達成し、直営・提携併せて108拠点、約2,500室の利用が可能となりました。2019年度中には、海外50都市以上の拠点も利用できるよう、ネットワーク施設をさらに拡大してまいります。


定額制住み放題サービス「HafH(ハフ)」に登録すると、今月登録追加された13拠点も含めて、国内外12の国と地域・108の「世界を、旅して働く」拠点が定額で住み放題となります。全拠点で電源・Wi-fi・働く場所、もちろんベッド付。先月発表した2泊3,000円/月で滞在可能な「おためしHafH」プランも好評につき、受付を継続して提供いたします。

●共同代表:砂田憲治のコメント

2019年4月のサービス開始にあたり、HafHのある未来の世界を少しでも感じていただけるよう、7つの国と地域、53拠点を準備しました。しかし「定額制住み放題」を本当の意味で自由に使い放題のサービスにするためには、拠点がもっとあちこちにある世界をイメージできる必要があり、まずは2019年内に100拠点を目指すと発表しておりました。今回、HafH Networkは、国内39の都道府県に84拠点、海外16都市に24拠点まで拡大し、目標とした2019年内100拠点を4ヶ月前倒しで達成いたしました。しかし、もちろん私たちは到底満足しておりません。次の目標として、2019年度内(2020年3月まで)に、国内では全ての都道府県に拠点を設けるとともに、海外ではアジア圏を中心とした50都市までHafH Networkを拡大させることを目指します。これにより「世界中を旅して働く」ことがより現実のものになります。これからますます拡がっていくHafHのある世界を楽しみにしていてください。
●どういう拠点で「旅して、働く」の?
全拠点電源・Wi-fi・働く場所付。コミュニティを大切にする世界中の”ゲストハウス”と言われる宿泊施設がメインとなっています。旅して働く人たちにとって「出会い」は不可欠。「また会いたい」と思えるようなご縁を大切にする施設とご一緒させていただいています。安全・清潔・インスタ映えな施設揃い。HafH 公式インスタグラムで施設情報をチェック。


▼HafH公式インスタグラム
https://www.instagram.com/hafhglobal/

●週末には1泊10,000円の個室の部屋も、HafHだとHafH コインの活用で追加費用なしで滞在できる
例えば月額82,000円/月で1ヶ月住み放題の「いつもHafH(風)」プランにはコインが500コイン付与されており、コインを活用することで1泊10,000円以上(週末価格)となるような個室にも追加料金不要でアップグレードが可能です。コインの使用期限はありません。

▼利用可能な個室のイメージ


(写真:[長崎]HafH Nagasaki -SAI-(左上)、[岡山_倉敷]Hostel Cafe & Diner KAG(中上)、[福岡]The Life Hostel & Bar Lounge(右上)、[大阪]STAY IN THE CITY AMEMURA(左下)[台湾_台北]28SHU XIANG HOTEL(中下)、[オーストラリア:ゴールドコースト]HafH Glod Coast -by the sea-(右下))

※ご利用いただける個室は各施設の予約時の空き状況によって変動するため、予約を必ず確約することはできません。また、個室タイプ(シングル/ダブル/ツインなど)についてはご希望に沿えない場合もございます。
※付与されるコインの数は、利用プランや、キャンペーン参加状況等によって異なります。

●まずは2泊3,000円/月の「おためしHafH」から!
一人ひとりの暮らし方に合わせて「5日プラン(ちょっとHafH)」「10日プラン(ときどきHafH)」「1ヶ月まるごとプラン(いつもHafH[風])」の3つに加え、現在、期間限定(終了時期未定)の「2日プラン(おためしHafH)」を好評受付中。暮らしのなかに、旅を気軽に取り入れてみませんか。長期旅行者の利用にもお勧めです。

▼料金プラン


▼詳細はこちら
HafH Traveling :https://hafh.com/jp/traveling/
●若者×旅行のWEBメディア「TABIPPO」経由の登録でHafH Coinを500Coin追加プレゼント!
TABIPPOのコミュニティ経由(専用URL経由)で有料会員登録を行うと、HafH Coinを500Coinボーナスプレゼント(終了時期未定)。まずは「おためしハフ(月額 3,000円/2日)」で登録しませんか。登録に際して特に条件はありません。ぜひどなたでもご利用ください。


▼TABIPPO内の詳細記事
http://inc.tabippo.net/hafh-partner/

●今回追加される拠点のご紹介

◯ フィリピンの日本人経営の語学学校Storyshareが運営する全4拠点のゲストハウスでHafHが利用可能に。
アットホームな環境で生の英語にも触れられます。
www.storyshare.jp



(写真:フィリピン、セブ島の海)

Story Share Guest House Baguio Basic(フィリピン:バギオ)
気候も良くて治安もよし。壮大な自然に囲まれて仕事をしてみては。

Story Share Guest House Baguio EOP(フィリピン:バギオ)
フィリピン人や欧米人と会話したり、いつもと違った刺激をお楽しみください。

Story Share Guest House Basic(フィリピン:セブ)
セブの静かなエリアにありながら、中心地へのアクセスも抜群!

Story Share Guest House EOP(フィリピン:セブ)
旅の休息の場としても最適な居心地のいい空間でお過ごしください。

◯ マレーシアではクアラルンプール以外の都市にも足を伸ばしてみてはいかが?ペナン、クランのゲストハウスが追加になりました!



(写真:Play Coshtel)

ROPE WALK GUEST HOUSE(マレーシア:ペナン)
https://www.facebook.com/rope.walk.guest.house/

Play Coshtel(マレーシア:クラン)
http://coshtel.com/

◯ 国内拠点は新たに静岡県、兵庫県、高知県でもHafHが利用可能に。新しい地域との出会いを楽しんで。



(写真:Tagore Harbor Hostel)

泊まれる純喫茶 ヒトヤ堂(静岡)
https://hitoyado.com
懐かしさ漂う空間は自然と人が語らい合う。コーヒー片手にホッと一息できる場所です。

Tagore Harbor Hostel(静岡:沼津)
https://www.tagorehostel.jp
山の深緑と海の淡青。宿前に広がる二つのコントラストが生み出す芸術に、時を忘れてみてください。

神戸ゲストハウス萬家(兵庫:神戸)
https://kobemaya.com/
神戸の中心、三宮から少し離れて「素顔の神戸」を楽しみ、感じる事の出来る場所。

EN HOSTEL&BAR(高知)
http://enhostel.com
高知県一の大型ホステル。ドミトリーでは四万十ヒノキのぬくもりを感じながらリラックス!

◯ 人気のエリアでも新拠点が追加になりました。行楽の秋を目前に、旅に出るなら今が狙い目!



(写真:Blue Hour Kanazawa)

ゲストハウスmeinn(岩手;花巻)
https://sites.google.com/view/meinn-hanamaki/ホーム
まちを楽しむためのゲストハウス。元旅館をリノベーションしたオシャレなリビングとBarで岩手の日本酒や花巻のワイン、おつまみを楽しみながら交流してみませんか?

Blue Hour Kanazawa(石川:金沢)
http://bluehourkanazawa.com
JR金沢駅から徒歩3分の好立地。充実の仕事スペースと広いベッドで、旅先での豊かなひとり時間を。

ホステルトマル(鹿児島)
http://site-1285018-5184-1345.mystrikingly.com
今しか泊まれない、5年間の期間限定ゲストハウス!町の中心、天文館まで徒歩数分の便利な立地です。

▼2019年8月28日時点のHafH利用可能施設がある地域

【国内】北海道・岩手・宮城・秋田・福島・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
【海外(国名)】オーストラリア・インドネシア・タイ・台湾・マレーシア・ベトナム・フィリピン・ケニア・ギリシャ・ペルー・グアテマラ
●拠点情報はこちらをご覧ください:
HafH Network:https://hafh.com/jp/network/

すべての拠点のホストが、世界を旅して働くみなさんをお待ちしております!




by HafH
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ