宇宙空間で360度撮影のカメラ

共同通信

 リコーと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、宇宙空間で360度の全方位を撮影できる小型カメラを共同開発したと発表した。国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」での実験に活用する。

 カメラはリコーが市販している民生用の360度カメラ「シータ」を基に開発。宇宙空間での低温や高温、強い放射線などに耐えるための改良を施した。

 来月11日に打ち上げを予定する無人補給機「こうのとり」8号機で、きぼうに送り届ける予定。周囲360度を同時に撮影できる特長を生かし、宇宙空間での実験の様子をモニターするカメラとして活用する。

PR

PR

注目のテーマ