コンビニ、軽減税率でポスター

共同通信

 コンビニなどが加盟する日本フランチャイズチェーン協会は28日、10月の消費税増税に伴う軽減税率制度で、コンビニ店内の飲食コーナーで飲食する利用客にレジでの申告を促すポスターのデザインを発表した。コンビニ各社は共通のポスターを掲示する。日本語と英語の2種類で、中国語や韓国語のポスターの作成も検討している。

 コンビニのおにぎりや弁当は増税後、利用客が購入して持ち帰れば8%の軽減税率が適用される。飲食コーナーで食べる場合は「外食」と見なし、10%の標準税率が課される。

 持ち帰り客が大半のコンビニで飲食コーナーを利用する際は、会計時に店員への自己申告を求める。

PR

PR

注目のテーマ