米、タリバンとの合意間近か

共同通信

 【ドーハ共同】アフガニスタンの和平を巡り反政府武装勢力タリバンと協議を続ける米政府関係者が28日、カタールの首都ドーハで共同通信などの取材に応じ「主要な論点についての協議は、ほぼ終了した」と述べた。駐留米軍の撤退時期などで双方の合意が近い可能性がある。ただ依然、細かな問題が残されているとして「まだ最終段階ではない」と説明した。

 タリバン交渉団のシャヒーン報道担当者も28日、ツイッターに「最終合意まで間近だ」と投稿。アフガン大統領府の報道官も「和平協議は重大な局面を迎えつつある」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ