マティス氏、大統領に警鐘

共同通信

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は28日、近く出版されるマティス前米国防長官の著書の一部を掲載した。同盟国を軽視するトランプ大統領を念頭に「同盟国がある国は繁栄し、ない国は衰退する。米国だけでは国民と経済を守れない」と警鐘を鳴らした。

 昨年末、トランプ氏がシリア駐留米軍の撤退を一方的に決定したことを受けてマティス氏が抗議の辞任をして以来初めての著書となる。

 マティス氏は長官時代、同盟国重視の姿勢を堅持し国際社会の信頼が厚かった。

 著書は「コールサイン・カオス―指導力を学ぶ」と題され、9月3日に発売される予定。

PR

PR

注目のテーマ