カップイン確実のボール開発

共同通信

 日産自動車は、独自の自動運転技術「プロパイロット」を活用し、自動で転がり確実にカップインするゴルフボールを開発した。9月1日まで横浜市の本社で体験会を開いている。先進技術に手軽に触れることで車への関心を高めてもらう狙いがある。

 体験会では、クラブを軽く当てたボールがグリーンに見立てた芝の上を10メートルほど転がり、あっさりカップに吸い込まれた。グリーンの数メートル上にあるカメラでボールの位置を認識し、ボールに内蔵したセンサーでカップに誘導する仕組みだ。

 最新のプロパイロットは、一定の条件下で車が高速道路を手放し運転でも自動で走る。

PR

PR

注目のテーマ