米国販売金融事業をトヨタ系に

共同通信

 マツダが来年4月1日に、米国での販売金融事業の提携先をJPモルガン・チェースからトヨタ自動車子会社のトヨタファイナンシャルサービス(TFS)に切り替えることが30日、分かった。

 マツダとトヨタは2017年に相互に株式を持ち合う資本提携に合意。米国で共同出資会社を設立し21年の新工場稼働を目指しており、協力関係がさらに強まりそうだ。

 販売金融は車を購入する顧客にお金を貸し出す事業で、マツダとトヨタは日本国内でも協業を進めている。今年1月にはオーストラリアでもTFSと提携した。

 マツダは、切り替えについて「顧客のニーズを満たしてくれると判断した」としている。

PR

PR

注目のテーマ