10月の燃料搬出は「問題ない」

共同通信

 原子力規制委員会の山中伸介委員は30日、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)を訪れ、廃炉作業を現地調査した。機構は当初7月に始める予定だった原子炉からの使用済み核燃料の搬出作業を、機器トラブルへの対応のため10月に延期していたが、山中氏は調査後の取材に「10月の作業開始は今のところ問題ないと思う」と述べた。

 機構は昨年8月、原子炉横の貯蔵槽から燃料の搬出を開始。今年は9年ぶりに、炉内にある370体の取り出しに着手するが、前回作業では、取り出しに使った設備を炉内に落下させる事故を起こしている。

PR

PR

注目のテーマ