米国で「チキンサンド戦争」

共同通信

 【ニューヨーク共同】米国でチキンサンドイッチを巡り、ファストフードチェーン「ポパイズ・ルイジアナ・キッチン」の新商品が全米で売り切れ、話題となっている。競合チェーンとの挑発的なツイッターでのやりとりがきっかけで、米メディアは「チキンサンド戦争」と伝えた。

 チキンサンドは、フライドチキンを丸いパンで挟んだメニュー。フライドチキンのチェーン店、ポパイズが8月12日、「過去30年で最大の新商品」と銘打ち、1個3・99ドル(約420円)で発売した。同様の商品が主力のチェーン店「チックフィレイ」がツイッターで「元祖」を主張し、ポパイズが「おいしいの?」と応じた。

PR

PR

注目のテーマ