米、対中関税9月1日に発動

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、中国からの輸入品に対する制裁関税第4弾の一部を9月1日に予定通り発動すると表明した。対象には消費者向けの製品も多く、米産業界は景気への悪影響を懸念し反対していたが、それを振り切って強行する。中国も1日に同時に米製品に対抗措置を発動する予定で報復合戦は拡大する。

 トランプ氏は30日、記者団に対し「たくさんの企業が中国から逃げている。さらに多くの企業が撤退するだろう」と述べ、制裁関税の効果に自信を見せた。米中政府関係者は貿易協議を継続する方針を示していたが、トランプ氏は圧力を弱めることはしなかった。

PR

PR

注目のテーマ