比台風、死者5200人超に 住宅50万棟全壊

 【マニラ共同】フィリピンの国家災害対策本部は22日夜(日本時間同)、台風30号による死者が5209人に上ったと発表した。行方不明者は1611人。

 住宅の被害は約108万棟に上り、このうち半数ほどは強風などで全壊。被災地では、多くの住民が避難所やがれきの中での生活を強いられている。

 一方、甚大な被害が出た中部レイテ島タクロバンでは、道路などに散乱していた住宅などのがれきを取り除く作業が進み、22日までに全体の約40%が除去された。

PR

PR

注目のテーマ