英首相の議会閉会措置に市民反発

共同通信

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)からの離脱予定日が10月末に迫る中、議会の閉会措置を決めたジョンソン英首相への反発が市民に広がっている。政権の強硬離脱方針に抵抗する議会反対派を力ずくで封じるような動きに、世論調査では半数近くが「容認できない」と回答。8月31日には各地で抗議デモが行われ、市民らが「非民主的だ」と非難した。

 ジョンソン氏は、9月3日に再開する議会を翌週から10月半ばまで1カ月ほど閉会させる方針を8月28日に表明。大手世論調査会社ユーガブの調査では、47%が閉会を「容認できない」と回答。「容認できる」の27%を大きく上回った。

PR

PR

注目のテーマ