ドイツ州議会選、右派政党躍進

共同通信

 【ベルリン共同】1日に行われたドイツ東部ブランデンブルク、ザクセン両州議会選で、反難民を掲げ、メルケル首相を敵視する右派野党「ドイツのための選択肢(AfD)」が第2党に躍進した。首位と小差だった。旧東ドイツに属した両州の経済情勢は東西ドイツ統一から29年を経ても低迷し、AfDはまん延する有権者の不満をすくい上げた。

 一方、メルケル連立政権の一角を占める中道左派の社会民主党が支持を大きく減らした。今後、党内で連立離脱の声がさらに強まり、政権崩壊につながる恐れもある。同党は連立を巡る判断を次期執行部に委ね、12月の党大会で新執行部を正式決定する。

PR

PR

注目のテーマ