比で小型機墜落、9人死亡

共同通信

 【マニラ共同】フィリピン北部ラグナ州カランバで1日、小型機が墜落し、乗っていた9人全員が死亡した。地元警察によると、小型機は救急搬送用で、南部ミンダナオ島から首都マニラに患者を運ぶ途中だった。男性患者と妻のほか、機長や医師、看護師らも犠牲になった。

 小型機は飛行中、突然レーダーから消え、カランバのリゾート施設に墜落した。地上にいた2人もけがをして、病院に搬送された。カランバはマニラの南約60キロにあり、温泉が湧くリゾート地として知られている。

 搭乗者名簿には「ヤマト・トガワ」という名前があったが、日本人の父親を持つフィリピン国籍の看護師だったという。

PR

PR

注目のテーマ