サブスク事業促進クラウド『KINCHAKU』を提供するSETE MARESが、F Ventures、MIRAISE、ビープラッツ、GxPartnersから4,400万円の資金調達を実施

PR TIMES 株式会社SETE MARES

クラウドプラットフォーム「KINCHAKU」では、小売、美容、飲食、サービス業を中心に、顧客の継続利用を促進出来るサービスを提供しています。https://kinchaku.com/
株式会社SETE MARES(代表取締役:新宮 ドミ)が、プレシードラウンドで2018年8月にF Ventures(代表:両角 将太)を引受先としたJ-KISS型新株予約券方式の出資、シードラウンドで、2019年3月にMIRAISE1号投資事業有限責任組合(代表:岩田 真一)から、2019年4月にビープラッツ株式会社(代表取締役社長:藤田 健治)から、2019年8月に「九州オープンイノベーション1号投資事業有限責任組合」を運営するGxPartners(代表:岸原 稔泰)から出資を受け、第三者割当増資により総額43,795,000円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。



■サービス概要
近年の社会全体の傾向として、「モノを買う」消費スタイルからモノをサービスとして利用するというスタイルにシフトしています。現代は、品質が良く、コストも安いモノで溢れているため、消費者がただのモノではなく、必要なときに最適な場所で優れた体験を手に入れられるようなサービスを求めています。企業が広告を出しても、一時的な効果で終わってしまうので、いい製品を作ったとしても、顧客獲得には莫大なコストをかけなければ売上が安定しないのが現状です。このような厳しい環境の中で、既存顧客維持することが、企業にとって重要な課題です。データに基づいて、誰でも1日で継続利用の促進を開始できるクラウドプラットフォーム「KINCHAKU」では、ウォレットパスを採用した顧客ロイヤルティプログラムサービスを提供しています。従来、紙や独自のアプリを導入して配布・管理されていた、

割引キャンペーン
会員制・ランクアップ制
スタンプカード
ポイント付与

等のロイヤルティプログラムをデジタル化することによって、企業が利用状況を正しく認識し、根拠を明確にした上で合理的な意思決定を行うことをできるようになり、集客効果や顧客満足度の向上を期待できます。

■背景と目的
現代は、モノや体験をサービスとして提供する際に、企業がサブスクリプションや継続課金型ビジネスモデルを導入しなければ、莫大な顧客獲得費や赤字からぬけることができないといっても過言ではありません。サブスクリプション型ビジネスの成功のカギは、長期間にわたってサービス利用を続けてもらうことが必要です。サービスの提供時だけではなく、その後のプロセスを含めて、顧客との信頼関係を築いていくことが求められます。サービス利用の解約時期は予測が難しく、顧客との関係を維持し毎月課金するサブスクリプション型ビジネスのサービス提供者にとっては死活問題です。

株式会社SETE MARESが開発を進めているクラウドプラットフォームKINCHAKUを使えば、独自アプリに依存しない、顧客が嫌がらないロイヤルティプログラムを開始でき、顧客ロイヤルティの分析結果をいかした継続課金ビジネス(サブスクリプション型ビジネス)を開始できます。

事業のユニットエコノミクス情報を人工知能の力で整理・分析・創出して、 中小企業の生産性を高めるために、研究・開発を行なっている株式会社SETE MARESが、プレシードラウンドで2018年8月に、学生に有名な起業啓蒙イベントTORYUMONを運営するF Ventures(代表:両角将太)より、J-KISS型の資金調達を実施しました。

2019年3月に「プログラマー起業家を支援する」MIRAISE1号投資事業有限責任組合(代表:岩田 真一)」より、2019年4月にサブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats(R)」を開発・展開するビープラッツ株式会社(代表取締役社長:藤田 健治)より、2019年8月に「九州オープンイノベーションファンド」をFFGと共同で運営するGxPartners有限責任事業組合(代表:岸原 稔泰)より資金調達を実施し、シードラウンドの資金調達を完了する運びとなりました。

また、株式会社SETE MARESは、臨時株主総会において社外取締役にGxPartnersのマネージングパートナー&COOを務める中原 健 氏、MIRAISEの代表を務める岩田 真一 氏が選任されたことをお知らせします。

■引受先よりコメント

【社外取締役 岩田 真一 氏のコメント】



社会ニーズの高まりやSaaSの増加により、多くの企業が売り切り型からサブスクリプション型への移行を進めています。エンジニア起業家の新宮ドミ氏率いるSETE MARES社が提供するKINCHAKUは、オンラインだけではなく、オフラインの会員制サービスなどにも対応しており、ワンストップで「サブスク化」を実現する機能を備えています。この度MIRAISEでSETE MARES社をご支援させて頂く事となり、また社外取締役として同社の発展をサポートさせて頂けることを大変嬉しく思っております。

【社外取締役 中原 健 氏のコメント】



オフラインのビジネスにおいて、顧客継続率については常に課題となっていましたが、特に中小企業にとっては効果的なソリューションがない状態が続いていました。KINCHAKUは低コストで効果的に顧客維持の施策を実施できるO2Oマーケティングツールとしてこの課題を解決できると思い、サービス展開のサポートするべくこの度GxPartnersとして出資させていただくと同時に社外取締役に就任させていただくこととなりました。今後は弊社のパートナー会社の協力を得つつ、ハンズオンにてSETE MARESの成長を支援して参ります。


■引受先概要
F Ventures
福岡市博多区上川端町9-159
F Ventures Fund1号投資事業有限責任組合
無限責任組合員 F Ventures LLP有限責任事業組合
代表組合員 両角 将太

MIRAISE
東京都渋谷区神南一丁目9番4号
Miraise1号投資事業有限責任組合
無限責任組合員 Miraise1有限責任事業組合
代表組合員 岩田 真一

BPLATS
東京都千代田区神田練塀町3番地
ビープラッツ株式会社
代表取締役社長 藤田 健治

GxPartners
福岡県福岡市中央区天神1丁目15番5
九州オープンイノベーション1号投資事業有限責任組合
無限責任組合員 GxPartners有限責任事業組合
代表組合員 岸原 稔泰
株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ
代表取締役 福田 知
■会社概要
株式会社 SETE MARES
本社:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目9-5-1111
代表取締役:新宮ドミ
設立日:2018年7月11日
事業内容:ソフトウェア開発、ビジネスデータ分析、ユニットエコノミクスの研究
URL:https://setemares.co

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ