野党系知事に自民応対せず、埼玉

共同通信

 埼玉県知事選(8月25日投開票)で立憲民主党など4野党の支援を受け初当選した大野元裕氏(55)が2日、知事として県庁に初登庁した。県議会の各会派室を訪ねたが、対立候補を推した最大会派の自民党県議団は誰も応対しなかった。大野氏は同日の就任記者会見で「残念だが県議の皆様と真摯に向き合いたい」と話した。自民県議団は大野氏を応援した上田清司前知事とも対立していた。

 大野氏は就任記者会見で「県民のために働き、県民目線で県民の声を実現する姿勢を貫く」と語った。「あらゆる人に居場所がある共生社会の実現に向け街づくりに取り組む」と述べた。

PR

PR

注目のテーマ