東京円、106円台前半

共同通信

 週明け2日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比26銭円高ドル安の1ドル=106円25~27銭。ユーロは89銭円高ユーロ安の1ユーロ=116円67~71銭。

 米国が中国からの輸入品に対する第4弾の制裁関税を1日に発動し、中国もすかさず報復に動いた。米中対立が先鋭化するとの懸念から、リスク回避姿勢を強めた投資家が円を買った。

 外為ブローカーは「2日朝は盛んに取引されたが、関税発動が既定路線だったこともあり、午後は次第に様子見ムードが強まった」と話した。

PR

PR

注目のテーマ