首相、4日にロシア訪問

共同通信

 安倍晋三首相がロシア極東ウラジオストクを訪問する日程が3日固まった。4日に羽田空港を出発し、5日にプーチン大統領と会談。北方領土問題を含む平和条約締結交渉の停滞状況を打開する契機としたい意向だ。2国間にとどまらず、国際情勢を協議。フランスでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)の議論を踏まえ、プーチン氏に欧州各国と対話を図るよう呼び掛ける構え。6日に帰国する。

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、首相訪ロを正式発表し「平和条約締結問題をはじめとする2国間関係や国際情勢などについて、率直な意見交換を行う」と述べた。

PR

PR

注目のテーマ