ロシア極東で経済フォーラム

共同通信

 【ウラジオストク共同】ロシア政府は4日、近隣国首脳を招き極東投資を呼び掛ける「東方経済フォーラム」をウラジオストクで開いた。6日までの日程で、安倍晋三首相のほか、インドのモディ首相、マレーシアのマハティール首相らが出席。ロシアは、中国や日本、韓国など極東地域の周辺国だけでなく、アジア諸国との経済協力を推し進める構えだ。

 米欧の経済制裁に苦しむプーチン政権は、アジア重視の姿勢を鮮明にしている。伝統的な友好国のインドとの関係を強化しており、エネルギー分野や原発建設、宇宙開発で協力し、合同軍事演習も定例化している。

PR

PR

注目のテーマ