東京円、105円台後半

共同通信

 4日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=105円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比08銭円高ドル安の1ドル=105円90~91銭。ユーロは29銭円安ユーロ高の1ユーロ=116円22~23銭。

 3日公表の米製造業の指標が悪化し、米中貿易摩擦への懸念が強まり、相対的に安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「最近は1ドル=105円台になると、国内輸入企業などのドル買い円売りが入り、円高の動きに歯止めがかかる傾向もある」との声があった。

PR

PR

注目のテーマ