バスケBリーグをくじ対象に要望

共同通信

 東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)づくりを議論するため、超党派のスポーツ議員連盟が設けた有識者会議は4日、東京都内で初会合を開き、日本バスケットボール協会がBリーグをスポーツ振興くじ(サッカーくじ)の対象に加えるよう要望した。会議後に座長の鈴木寛・東京大大学院教授が明らかにした。

 くじの対象になれば試合の注目度が上がる効果もあり、Bリーグは以前から対象に加えてほしいと求めている。くじの収益はスポーツ関連の助成金の財源となる。

 スポーツ議連は、必要な法案があれば来年の通常国会で成立させることを目指している。

PR

PR

注目のテーマ