中朝「共通の利益を追求」伝える

共同通信

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は4日、北朝鮮訪問を終え、帰国した。中国外務省によると、王氏は同日、金正恩朝鮮労働党委員長の側近、李洙ヨン党副委員長と会談、10月に国交樹立70年を迎える中朝の協力関係を強化、「共通の利益」を追求していく考えを伝えた。金正恩氏と会えたかどうかは不明だ。

 李洙ヨン氏は党で外交を統括する立場で、朝鮮半島情勢についても意見交換。王氏は非核化を巡る米朝交渉の再開を促したとみられるが、北朝鮮側の反応は明らかになっていない。王氏は訪朝初日の2日に李容浩外相と会談。3日には朝鮮戦争に参戦した中国義勇軍兵士らの陵墓を訪れ、献花した。

PR

PR

注目のテーマ