最新家電、欧州でアピール

共同通信

 【ベルリン共同】世界最大級の家電見本市「IFA」が4日、ベルリンで始まった。米中貿易摩擦の影響で欧州を含む世界各地の経済が減速する中、各社は人工知能(AI)を活用し、インターネットと接続して用いる白物家電や最新のデジタル機器などを展示し、欧州市場でアピールする。

 主催者によると、11日までの期間中に1900を超える出展団体が参加する。韓国のサムスン電子が大規模な出展を実施する他、日本勢ではソニーやパナソニック、シャープといった主要電機メーカーが発表会を開く。

 6日には、中国の華為技術(ファーウェイ)で携帯端末事業などを統括する余承東氏が基調講演する。

PR

PR

注目のテーマ