東証、大幅続伸し436円高

共同通信

 5日の東京株式市場は世界経済の減速懸念が和らいで買い注文が膨らみ、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前日比436円80銭高の2万1085円94銭で、約1カ月ぶりに節目の2万1000円台を回復した。英国と香港の混乱拡大が避けられたことに加え、米中貿易協議の再開見通しが投資家の安心材料となった。

 東証株価指数(TOPIX)は27・65ポイント高の1534・46。出来高は約13億4800万株。

 朝方は買いが先行した。上げ幅は一時500超まで拡大。午後に入っても平均株価は堅調に推移したが、利益確定の売りも根強く、取引終盤にかけて上げ幅がやや縮小した。

PR

PR

注目のテーマ