比の子供150万人栄養失調も 台風による弱者守れと国連高官

 【ニューヨーク共同】国連人道問題調整室(OCHA)のエイモス室長(事務次長)は22日、フィリピンの台風30号による被害で子供150万人が急激な栄養失調の危機にあると述べた。避難所での性暴力や虐待の危険が高まっているとも述べ、女性や子供、病人ら弱者への支援強化を訴えた。

 エイモス氏によると、妊婦や、乳児を育てる母親計80万人が栄養補助を必要とする状態にある。同氏は「緊急事態の下では、女性と子供は保護の放棄や虐待の対象になったり、搾取されたりする危険が高い」と指摘。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ