香港で再び抗議集会

共同通信

 【香港共同】香港中心部の公園で6日夜、「逃亡犯条例」改正案を巡って警察の「暴力」などに抗議する集会が開かれ、主催者発表で約2万3千人が参加した。香港政府は4日に改正案撤回を表明したが、市民らの政府や警察に対する不満が根強いことが浮き彫りになった。

 集会に参加した民主派団体の代表は、15日の大規模デモを警察に申請したことを明らかにした。

 参加者らは一連の抗議活動で、デモ隊と警官隊の仲裁に当たるなどしていた立法会(議会)議員らを警察が逮捕したと非難。「警察は暴力や職権乱用をやめるべきだ」と訴えた。

 九竜地区では、デモ隊が警察署にれんがを投げたりした。

PR

PR

注目のテーマ