水泳、佐藤が男子200平優勝

共同通信

 水泳の日本学生選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場などで行われ、競泳の男子200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(慶大)が2分9秒21で制した。

 男子400メートル個人メドレーは井狩裕貴(近大)が4分13秒83で優勝。女子800メートルリレーは東洋大が8分1秒48で頂点に立ち、第1泳者の白井璃緒が1分57秒58で泳いで200メートル自由形の大会新記録をマークした。

 競泳の学校対抗は、男子を日大が12年ぶりに制し、女子は日体大が3連覇した。

PR

PR

注目のテーマ