創業1年目のベンチャーが新しいお寺のモデルケース創りを開始!!

PR TIMES 株式会社くうる

~スタートアップがお寺革命!?クラウドファンディングにも挑戦~
「変毒為薬」をミッションに2019年2月に創業した株式会社くうる(福岡県福岡市、代表取締役社長 武智勝哉)は、お寺シェアリング事業として東京都の祥雲寺(町田市高ヶ坂、曹洞宗)の全面協力のもと、お寺の新しいスタイルを創るための事業検証を開始します。



▼日本のお寺が危ない
日本に7.7万件以上存在するお寺は、2040年までにその3割以上が消滅すると言われています。本事業はそのような状況下にあるお寺という立地的・ブランド的に恵まれた財産に着目し、現代日本の抱える社会課題を解決するための仕組みを創造・拡大することを目的としています。
※お寺の存続のみ、または仏教の布教を目的とした事業ではございません。

▼創業のきっかけ
"遊休資産としてのお寺の価値"
に注目してから約2年、お寺を訪れお坊さんと話し現代日本にあるべき「お寺×ビジネス」のあり様を模索してまいりました。
また日本のお寺は「葬式仏教」と揶揄されますが、弊社ではお寺やお坊さんの最大の価値を「生死のストレスを扱える日本唯一のプロフェッショナル」と考えています。人の死に触れることの少ない生活の中で、代表の武智自ら経験した「父親の死」とそのときの「母の悲しみ」、そしてそこに訪れたお坊さんとのやり取りから、突然訪れる死というストレスを乗り越えるための薬は生きているうちにお寺やお坊さんと日常の中で接することが大事だという想いが諦めずに事業を続ける原動力になっています。

▼事業概要
昨今、ヨガなどの教室や、音楽イベントなどを行い、お寺に人を呼ぶ取り組みが増えていますが、弊社ではこういった取り組みは「非日常的」な繋がりしか生まず、事業の目的である"現代日本の抱える社会課題を解決するための仕組みづくり"には寄与しないと捉えております。そこで、多くの人の1日の3割以上を占める「労働」と最近盛り上がりを見せる「副業(複業)」に注目し、まずはお寺で普段使われていないスペースをコワーキングスペースとして提供していきます。
「すべてのお寺が好きなときに参入できて好きなときに抜けられる」をコンセプトに、あくまでもプラットフォーマーとして事業を展開していきたいと考えております。

▼事業キックオフイベントのご紹介


本事業に全面的に協力していただいている東京都町田市にある祥雲寺にて、事業のキックオフイベントを9/14(土)に開催いたします。代表の武智がこの事業にかける想いや祥雲寺の副住職がお寺で行ってきた取り組みを紹介し、「お寺のコワーキングスペース」が受け入れられて人が集まるために必要な設備やマーケティング方法について、一般からの参加者を交えてオープンに事業の企画会議を実施します。また、後述するクラウドファンディングに関してもキックオフを行う予定です。(URL:https://temple-revo-001.peatix.com/)

▼クラウドファンディングへの挑戦



株式会社くうる初めてのクラウドファンディングに挑戦します。単発のプロジェクトではなく、約1年ほどテーマを変えながら同様のプロジェクトを毎月実施していく予定としております。
プロジェクトの目的は、毎月行う事業企画イベントへの集客と、イベント後に祥雲寺をお借りして実施する事業検証に必要な資金を集めることです。
9/14のイベント終了時間にあたる10時にプロジェクトの公開を予定しています。(URL :https://camp-fire.jp/projects/view/195062)

[会社概要]
会社名:株式会社くうる
所在地:福岡県福岡市
代表者:武智 勝哉
設立:2019年2月15日
URL:https://www.kool.co.jp
事業内容:経営コンサルティング事業、お寺シェアリング事業、ストレス回収プラットフォーム事業(準備中)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ