札幌五輪銀、金野昭次氏が死去

共同通信

 1972年札幌冬季五輪スキー・ジャンプの70メートル級で表彰台を独占した「日の丸飛行隊」の一員で銀メダリストの金野昭次(こんの・あきつぐ)氏が5日午前1時18分、下咽頭がんのため札幌市の病院で死去した。75歳。札幌市出身。葬儀は近親者で行った。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 68年グルノーブル五輪に出場。地元札幌の五輪は70メートル級を制した笠谷幸生氏に続いて2位に入り、3位で2008年に亡くなった青地清二氏とともに日本勢で金銀銅のメダルを獲得した。1998年長野五輪は聖火リレーの走者を務め、開会式で笠谷氏らとともに五輪旗を持って入場した。

PR

PR

注目のテーマ