アフガン和平協議「中止」表明

共同通信

 【ワシントン、イスラマバード共同】トランプ米大統領は7日、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンとの和平協議を「中止した」とツイッターで表明した。5日に米兵1人を含む12人が死亡するタリバンの自爆テロが起きたことを理由に挙げた。米政府は今月初め、和平協議が「大筋合意した」と明らかにしていたが、不透明な情勢になった。

 トランプ氏は、タリバン幹部とアフガンのガニ大統領が7日夜に訪米し、ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドに招いて8日に別々に秘密会談を開く予定だったが取りやめたことも明らかにした。強硬姿勢を示してタリバンをけん制する狙いもありそうだ。

PR

PR

注目のテーマ