じぶん銀行で通信障害

共同通信

 KDDI傘下のじぶん銀行(東京)は10日、同日昼ごろに通信障害が発生し、現金自動預払機(ATM)が利用できなくなるトラブルが起きたと明らかにした。約6時間後に復旧した。通信網を提供するNTTデータによると、台風15号による首都圏の大規模停電が影響したとみられる。

 ATMでの出入金や残高照会に加え、スマートフォンのアプリを使ったデビットカードによる決済といったサービスも一時的に利用できなくなった。

 じぶん銀行はKDDI傘下の金融持ち株会社が約64%、三菱UFJ銀行が約36%を出資するネット銀行で、今年3月末時点の口座数は約347万。

PR

PR

注目のテーマ