東都大学野球、東洋大や中大先勝

共同通信

 東都大学野球秋季リーグは10日、神宮球場で開幕し、2連覇を狙う東洋大が立正大を1―0で下した。中大は亜大に11―4で逆転勝ちし、国学院大は駒大に9―2で快勝した。

 東洋大は一回に主将・佐藤都の適時打で先制。村上が5安打完封でリーグ通算10勝目をマークした。中大は1―3の七回に代打内潟の2点二塁打など8安打で8点を奪った。国学院大は四回にミスなどに乗じて一挙7点。横山が7回2失点と好投した。

PR

PR

注目のテーマ