「資さんうどん」は、消費税増税への対応として、店内飲食すべての商品の価格を実質値下げし、店内飲食・持ち帰りの税込価格を統一します!!

PR TIMES 株式会社資さん

“お客さまへの感謝の気持ち”と“お客さまの利便性”を最優先に。
北九州で約40年に渡り愛される資さん(すけさん)うどんを展開する、株式会社資さん(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:佐藤 崇史)は、10月1日(火)から予定されている消費税率の引き上げおよび軽減税率制度の導入への対応として、“お客さまへの感謝の気持ち”と“お客さまの利便性”を最優先と考え、店内飲食すべての商品の価格を実質値下げし、店内飲食ならびに持ち帰りの税込価格を統一致します。

消費税が上がっても資さんうどんの商品価格は変わりません

創業から約40年、「資さんうどん」はお子さまからご年配の方まで幅広いお客さまにご愛顧いただき、これまで地域の皆さまに愛され育てられてきました。お客さまの美味しそうな顔、満足そうな顔、ほっとした顔を見ることが私たちにとって最大の喜びであり、お客さまへの感謝を込めて最高の一杯を提供していくことが私たちの使命であると考えています。
そのため、お客さまへの「ありがとう」の気持ちを込めて、10月1日の消費税率引き上げへの対応として、資さんうどんは『すべての商品価格をそのままに』することを決めました。



店内飲食価格を実質値下げし、増税分を資さんが負担します!

資さんうどんは、「わかりやすい価格」を重視し、消費税率の引き上げおよび軽減税率制度の導入においても、店内飲食“すべて”の商品の価格を“実質値下げ”することで、店内飲食、持ち帰りの税込価格を統一致します。お世話になっているお客さまへの「ありがとう」の気持ちを込めて、『店内飲食増税分2%を資さんが負担』致します。

例えば、人気No.1の「肉ごぼ天うどん」は、現在の税抜価格が649円ですが、10月からは店内飲食での税抜価格を実質値下げの637円、持ち帰りを649円にすることで、店内も持ち帰りもこれまでと変わらない700円(税込)に据え置きます。店内飲食実質値下げ分(この場合の差額12円)は、資さんが負担致します。

資さんうどんは今後も、本物の美味しさへの挑戦を続けるとともに、皆さまに元気とぬくもりを届け、美味しさのその先にある喜びや笑顔、感動を提供していける地域の一番食堂を目指していきます。
これからも資さんうどんを、どうぞよろしくお願い致します!
資さんの使命「幸せを一杯に。」

私たちは、いつの時代も、どんな場所でも「最高の一杯」をお届けし、一杯を通じて幸せを分かち合い続けます。そのためにも、「味と品質にこだわり、すべてのお客さまに満足いただける一杯をお届けすること」「気持ちの良い接客と心地よい雰囲気で、いつでもホッと安らげるお店をつくること」「互いに尊敬し合い、相手を思いやることで、安心して働ける職場をつくること」を、資さんで働くすべての仲間が共通で持つ3つの約束として掲げています。多くの幸せと笑顔、活気、ぬくもりを地域に届けていく存在に、そして、「この街に資さんがあってよかった!」と思われる地域の一番食堂となれるよう全スタッフで目指します。
「肉ごぼ天うどん」


資さんうどん

1976年に創業し、北九州市を中心に福岡県、山口県、佐賀県の3県で43店舗展開している北九州発祥のうどんチェーン店。うどんや丼など100種類以上の豊富なメニューで、お子さまからご年配の方まで幅広いお客さまにご愛顧いただいております。また、天丼や鍋焼きうどん等、季節毎に展開する限定メニューが1年を通して楽しめ、とろろ昆布・天かす入れ放題、きざみつぼ漬け取り放題も、資さんうどんの魅力のひとつとなっています。お店で1個ずつ丁寧ににぎる「ぼた餅」は、春のお彼岸期間中は1週間で18万個、年間300万個を販売する人気メニュー、資さんの名物にもなっています。店内には、座敷席、テーブル席、カウンター席と様々な種類の座席を用意していますので、ご家族連れから、ご友人同士、お一人のお客さままで、皆さまのご用途に合わせて、ご利用いただけます。



企業情報

会社名 : 株式会社資さん http://www.sukesanudon.com
住所 : 〒800-0225 福岡県北九州市小倉南区上葛原2-18-50
代表取締役: 佐藤 崇史
事業内容 : 飲食業、卸・小売業(うどん店43店舗展開)
連絡先  : 093-932-4757

公式アカウント

【Twitter】https://twitter.com/sukesan1976/
【Instagram】https://www.instagram.com/sukesan1976/
【Facebook】https://facebook.com/sukesanudon/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ